2018追いコン

3月4日に東京駅周辺のAlice Aqua Garden Tokyo 丸の内で追いコンが行われ、20人近くの先輩方が卒業されました。


みなさんこんにちは。1年とは早いもので、今年ももう卒業シーズンですね。LoveAllでも毎年恒例の追いコンが行われました。
筆者は司会をやらせていただきましたので、司会ならではの視点で振り返っていきます!

会場は結婚式の披露宴にも使われる、真っ白でおしゃれなところ。店員さんもこちらの事前の無理な要求に嫌な顔一つせず答えてくださり、とても良いお店でした。

まずは卒業生入場

当日午後に適当に決めたスピッツのチェリーをBGMに本日の主役、14名の卒業生が入場していきます。テーブルには、既にコース料理の一品目と乾杯用の飲み物が、、準備万端ですね!

男キャプの音頭による乾杯、女キャプからの長く感動的な挨拶の後、ビデオレターを放映しました。

 

ビデオレターについて
このビデオレター、知らない方のために説明させていただきますと、卒業生1人につき数人のラブオーラーの方が出演する、卒業生への2〜3分のメッセージ動画です。それが15人分で合計40分弱、係が字幕入れなどの細かい編集を行い完成する、血と涙と目の下のクマの結晶となっております笑
ラブオーラーの方は、サークルのYouTubeアカウントで「追いコン」と検索していただくと、今年の分も含めた歴代のビデオレターおよびスライドショーをご覧いただけます。どの代もなかなかにクオリティーが高く工夫が感じられますね。

 

話を戻しますと、そんな卒業生への愛のこもったメッセージに、思いを馳せるラブオーラーたち。ウケ狙いの工夫が各所に散りばめられており、飽きが来ないのがまた良いですね!皆さんの笑顔を見て、自分のコンテンツではないにもかかわらず作ってよかったと思ってしまいました。

ところが、ここでアクシデント発生!

なんと動画が1本差し替わっており、ある卒業生へのビデオレターが2回流れてしまうことに!これは係(筆者)の完全なミスでした。当日午後に完成したためチェックを1回もできなかったせいです。この場を借りて謝罪させていただきます。本当に申し訳ありませんでした。
それでもYouTubeにアップされていた欠けた分の動画を流し、何とか卒業生全員分のビデオレターを楽しんでいただくことができました。やれやれ。

その後は、

卒業生のみなさんからのスピーチ!

司会で相談した結果、スピーチは一人3分を目安にやっていただくことにしましたが、当の卒業生からすれば3分の感覚など分かるはずもなく。どんどん時間が押していきます!

またしてもピンチ

卒業生の皆さんは大変すばらしいお話をしてくださいましたが、気が気でない筆者の耳には5割ぐらいしか入りませんでした。ごめんなさい。

それでも気を利かせてくださった何人かの方々のおかげで、なんとか定刻通りに進むことができました。本当にありがとうございます!

その後は思い出の詰まった写真スライドショーの後、ケーキを出していただきました。おいしそうですね。

ケーキを前に卒業生の記念撮影全体の記念撮影が終わると、ついに

卒業生の退場

です。全員で花道を作り、入場と同じく直前に選曲したkiroroの「未来へ」をBGMに14人の卒業生が退場していきます。それにしてもいい曲ですねえ。感動のフィナーレとなりました。

 

さて、司会をやってみてまず感じたこととしては筆者自身が馴染みの薄い卒業生もいらして、せっかくの最後のイベントなのに申し訳ないという気持ちです。ですがそんな中で、最善とは行かないまでも自分なりに努力はしてみました。卒業生の方々にとって良い思い出となり、気持ちよく卒業していただければ係としては何よりです。

改めまして、ご卒業おめでとうございます!